光琳寺
光琳寺
光琳寺について
応永三十二年(1425年)、宇都宮市松が峰に建立。その後、伊賀町に移りますが火災により焼失したため、慶長十年(1605年)、奥平大膳太夫が檀那となり、十三世説道上人の尽力によって六道に堂宇が再建されました。

浄土宗 芝増上寺末 清映山松寿院光琳寺と号し、境内に二間四方の観音堂、寮舎、松寿院、清浄院、道心寮二棟がありました。末寺は20ヶ寺に及び、下河原一乗寺、六道の地蔵堂、閻魔堂を有していました。

明治維新の時、戊申の戦火により本堂を焼失。昭和4年に教運上人によって再建され、現在に至っております。
光琳寺のご案内
正式名称
清映山松寿院光琳寺
宗派
浄土宗
住所
〒320-0862 栃木県宇都宮市西原1-4-12
アクセス
東武宇都宮線「東武宇都宮駅」より徒歩約15分
JR宇都宮線「宇都宮駅」よりタクシーで約10分
電話番号
028-634-9658
公式サイト
https://www.facebook.com/kourinji/