今更聞けないお寺の話
VOL1 「今」に軸足を置いて、各分野の専門家たちを訪ねる
井上広法/浄土宗光琳寺 副住職
寺院活性
92_ext_03_0.png
聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥。このコーナーでは、そんな恥を忍んで、各分野の専門家たちを訪ねていこうと思います。
続きをご覧いただくためには無料会員登録が必要です
無料会員登録する
ライター紹介
91_ext_03_0.png
浄土宗光琳寺 副住職
井上広法
・仏教と心理学の立場から現代人が幸せに生きるヒントを伝える僧侶。
・マインドフルネスをベースとしたワークショップ「お坊さんのハピネストレーニング」を寺子屋ブッダラボを拠点に学校や企業など全国で開催している。これらの活動が注目を受け、東洋経済オンラインなど多数のメディアで紹介される。著書「心理学を学んだお坊さんの幸せに満たされる練習」(永岡書店)
・これまで敷居が高いと感じられてきた寺や僧侶との架け橋となる人生相談サイトhasunoha(http://hasunoha.jp/)を立ち上げる。同サイトは7週連続で「バイキング」(フジテレビ系)で紹介されるなど、社会と僧侶を積極的に結び続けている。
・史上初のお坊さんバラエティ番組「ぶっちゃけ寺」(テレビ朝日系)の立ち上げに関わり同番組への企画アドバイス・出演を通して、難解な仏教をやさしく面白くお茶の間に届けている。
記事を見る