プロカメラマンが教えるお寺撮影術
Vol.10 最終話 ファインダーを通して、自分の心と向き合う
つるたま/フリーカメラマン
ノウハウ
281_ext_03_0.jpg
最終回の10回目となりました。
カメラを通してお寺を撮ることで、その写真を見ると自分の心と向き合うことができます。
今回は、写真のテクニックではなく、ファインダーを通して新たな自分の視点や考え方など自分の心と向き合って考えていくお話です。
続きをご覧いただくためには無料会員登録が必要です
無料会員登録する
関連記事
ライター紹介
138_ext_03_0.jpg
フリーカメラマン
つるたま
出版社写真部で「週刊ゴング」などスポーツ雑誌の撮影を担当。
事実上の倒産し「明日から来なくていいよ」と全社員に通知が出た際、運よくカメラメーカーのお仕事に転身。

都内量販店にてお客様の使用用途にあわせたカメラの使い方や機種を販売しながら、好きだったお寺や建築写真を撮り始める。

3年間のカメラ販売業務で培ったノウハウと資金を元に現在はフリーカメラマンとして撮影業務を行いながら、寺社フェス「向源」でお坊さんポートレートやお寺の撮り方など写真教室、ブログやメディア記事などで執筆業務を行なっております。
記事を見る