ITが仏教を原点回帰する。hasunohaというありかた
VOL.4 来る日も来る日も来客者ゼロの恐怖
堀下剛司/hasunoha 代表
ノウハウ
160_ext_03_0.jpg
東日本大震災から1年半かけてhasunohaリリース


2012年11月19日。東日本大震災から1年半の月日をかけて、hasunoha (ハスノハ)をリリースしました。


個人のサイトであり、プレスリリースや世の中に宣伝もせずひっそりと立ち上げました。リリース日を広法さんの誕生日にしたことで、広法さんは自身のfacebookでその決意を新たにhasunohaの紹介をしてくれました。

“井上広法 2012年11月19日。

おかげさまで、33歳の誕生日を迎えることが出来ました。さて、ここでぼくから皆様へお知らせがあります。

今年の1月から暖めてきた企画をついにお披露目出来るようになりました。サイト名は“hasunoha”
続きをご覧いただくためには無料会員登録が必要です
無料会員登録する
関連記事
ライター紹介
87_ext_03_0.png
hasunoha 代表
堀下剛司
・ITで社会を幸せにするプロデューサー。ミッションは「ニッポンを優しく」
・東日本大震災で助け合う人々に感銘を受け、日本人の美徳の源泉として仏教的価値観に注目したサービス - お坊さんに相談できるQ&Aサービス「hasunoha(ハスノハ)」を立ち上げる。
・hasunohaは、7週連続でフジテレビ「バイキング」などで取り上げられるなどメディアで注目を受け、質問依頼が1週間で1万件以上殺到するなどの社会現象を引き起こすとともに、宗教離れした社会と僧侶を繋ぐ新しいプラットフォームとしてもその規模を拡大している。
・ブログを通して、インターネットメディア、社会やビジネスのありかたを発信中。

・ブログ hasunoha代表ブログ http://taka.hasunoha-blog.info/
・著書 hasunoha お坊さんお悩み相談室/小学館集英社プロダクション
記事を見る