寺社旅研究家 堀内克彦のアイディア帳
VOL.5 ウェアラブルデバイスの発達は、お寺と相性が良い
堀内克彦/宿坊研究会 / 株式会社寺社旅社長
ノウハウ
153_ext_03_0.jpg
 コンピューターはこれから皮膚に乗ると言われています。身体機能の一部としてITが使われ始めた時、スマホすら持たない世界がやってくるかもしれません。そしてウェアラブルデバイスが進歩すればVRやAR、ヘルスケア分野とリンクして、お寺には大きな可能性が開けてきます。
続きをご覧いただくためには無料会員登録が必要です
無料会員登録する
関連記事
ライター紹介
86_ext_03_0.png
宿坊研究会 / 株式会社寺社旅社長
堀内克彦
宿坊研究会・縁結び神社研究会・お守り研究会を運営し、参加者1000人を越える寺社旅サークルの主宰や宿坊創生プロジェクト顧問、仏前結婚式盛り上げ企画、お寺の漫画図書館、寺社好き男女の縁結び企画「寺社コン」などをプロデュース。

宿坊研究会はAll Aboutの「スーパーおすすめサイト大賞」で審査員特別賞を受賞。日蓮宗のお寺活用アイディアコンペでは、様々な寺社を活性化させた実績を買われて審査員を務める。東本願寺・西本願寺・増上寺・池上本門寺などの各宗派本山、北海道から九州までのお寺や様々な企業、団体、自民党本部などでも講演を実施。寺院コンサルタントとしても活動中。

著書に『宿坊に泊まる(小学館)』『お寺に泊まろう(ブックマン社)』『こころ美しく京のお寺で修行体験(淡交社)』『恋に効く! えんむすびお守りと名所(山と溪谷社)』など。
記事を見る